トピックス

のん、小野友樹ら主要キャストが見所を解説!!
海外アニメ『マロナの幻想的な物語り』<吹替え版>公開を前に、特別映像公開!!

『マロナの幻想的な物語り』<特別映像>
Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/riskitmovie
ニコニコチャンネル https://ch.nicovideo.jp/riskit

『マロナの幻想的な物語り』は、様々な飼い主の元で暮らしながら、健気に生きたミックス犬マロナの生涯を描いたアニメーション、東京アニメアワードフェスティバル2020グランプリ受賞の作品です。ルーマニアの女性監督アンカ・ダミアンが『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のプロデューサー ロン・ディエンスと作り上げた“愛とアートと犬の気持ち”がいっぱい詰まったワンコ・アニメーションです。
今回の特別映像は、鼻がハート型のミックス犬マロナ役の“のん”、移り替わるマロナの飼い主たちである曲芸師マノーレ役の小野友樹、大きく優しい工事現場監督イシュトヴァン役の平川新士、少女ソランジュ役の夜道雪それぞれが、二番目に好きなシーンを特別に披露するという仕掛けになっています。(一番目に好きなシーンは、劇場でご覧ください、という思いをこめて)

marona_cast1

marona_cast2

『マロナの幻想的な物語り』<吹替え版>は、<字幕版>先行公開中の渋谷・ユーロスペースに加え、9月11日(金)より、新宿バルト9、T・ジョイPRINCE品川、横浜ブルク13、T・ジョイ京都、梅田ブルク7にて公開、以降前項順次公開です。

marona_cut2


プレスリリースPDF版
写真資料等はプレスキットをご覧ください。

本件についてのお問い合わせはお問い合わせのページよりご連絡ください。

 

『マロナの幻想的な物語り』日本語吹替え版キャスト発表!
鼻がハート型の主人公マロナの声に“のん”が決定!

『マロナの幻想的な物語り』は、ルーマニアの女流監督アンカ・ダミアンが『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のプロデューサー、ロン・ディエンスらと製作したアニメーションです。今年の東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)にて長篇アニメーション グランプリを獲得しています。

marona_cast1
のんが演じるのは、鼻がハートマークなミックス犬マロナ。『この世界の片隅に』 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』にて主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞した女優・創作あーちすと“のん”が、次はミックス犬役に挑戦。

marona_cut1

移り替わるマロナの飼い主たちには、曲芸師マノーレに「黒子のバスケ」火神大我をはじめ多くの人気作品に出演する小野友樹、大きく優しい工事現場監督イシュトヴァンに人の心を落ち着ける声を持つ期待の新人・平川新士、少女ソランジュに「スーパーカブ」で主役の小熊役に抜擢された夜道雪などが配役されています。

marona_cast2

『マロナの幻想的な物語り』は、ルイ・ヴィトンがトラベル・ブック“パリ編”に選んだイラストレーター、ブレヒト・エヴァンスをはじめ、ボローニャ国際絵本展で注目のサラ・トーステンセンといったヨーロッパの才能あるクリエータが集結し2Dと3Dを融合させた映像が見所の一つです。100%集中できる吹替え版で美しい作品世界を堪能するのもオススメです。

marona_cut2

『マロナの幻想的な物語り』は8月29日(土)より、渋谷・ユーロスペースにて字幕版を先行公開、2週間後の9月12日(土)より吹替え版を含め、全国順次公開です。

プレスリリースPDF版(吹替え版キャスト表入り)

本件についてのお問い合わせはお問い合わせのページよりご連絡ください。

 

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』監督の新作『Calamity』が受賞!
アヌシー国際アニメーション映画祭 長編アニメーション クリスタル賞(グランプリ)

6月15日より開催中のアヌシー国際アニメーション映画祭において各賞が発表され、長編アニメーション部門グランプリにあたるクリスタル賞を『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督の新作『Calamity』が受賞しました。
日本では前作同様リスキットにて、2021 年公開予定です。

アヌシー国際アニメーション映画祭 公式HP
本件についてのお問い合わせはお問い合わせのページよりご連絡ください。

 

映画『マロナの幻想的な物語り』
東京アニメーションフェスティバル コンペティション
長編アニメーション部門 グランプリ 受賞

映画『マロナの幻想的な物語り』は東京アニメーションフェスティバル コンペティションにおいて、長編アニメーション部門 グランプリ を受賞いたしました。
当作品の国内配給は弊社、株式会社リスキットが行います。本作は日本語字幕版に加え、日本語吹替え版も展開いたします。
作品資料/視聴用LINK/視聴用DVDのご依頼、上映希望等はお問い合わせのページよりご連絡ください。

作品紹介
作品資料・宣材写真

 

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
第23回 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 優秀賞 受賞

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』は第23回 文化庁メディア芸術祭において、 アニメーション部門 優秀賞 を受賞いたしました。
受賞の詳細は文化庁メディア芸術祭のHPにてご確認ください。

 

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
4種別で文部科学省選定

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』は令和元年8月度の一般劇映画分類において、少年向き/青年向き/成人向き/家族向きの4つの対象で「文部科学省選定」の評価をいたきました。

 

8/27 TBSラジオ アフター6ジャンクションにて
『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』特集が放送されました

TBSラジオ アフター6ジャンクションにてアニメーター井上俊之さんがパーソナリティーのライムスター宇多丸さん、火曜日パートナーの宇垣美里さんに『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』の魅力を語っていただきました。オンデマンドでも1週間聴取可能です。お聞き逃しなく。

8月27日(火) 18:00〜21:00
ゲスト出演は18:30からの「CULTURE TALK」です。

番組ホームページ

※ オンデマンド配信は終了しました。

 

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
舞台挨拶付上映会開催

『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』公開初日に公開記念舞台挨拶が決定いたしました!

開始 9月6日(金) 18:40〜(開場は15分前)
全席指定
舞台挨拶後、本編(日本語吹替え版)の上映になります。(本編81分)

舞台挨拶登壇(予定)
主人公サーシャ CV.上原あかり
トムスキー王子 CV.前内孝文
一等航海士ラルソン CV.成澤卓
※登壇者は予定です。あらかじめご了承ください。

詳細は映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』公式ページをご覧ください。

 

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
日本語吹替え版キャスト発表

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2016でグランプリ受賞後、3年越しで日本公開が決定した話題のフランス・デンマーク合作アニメーション『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』、この度、日本語吹替え版の制作と主要キャストが発表されました。

祖父を探しに北極圏を目指す主人公サーシャ役には、『けものフレンズ』のワシミミズク役で人気の上原あかり。困難に立ち向かい、周囲の人々に影響を与えながら、一歩一歩前進していく芯の強い少女という役に挑みます。
LWN_CAST_Akari_Uehara
サーシャの祖父、探検家のオルキン役には、年配の吹き替えに定評がある弦徳(げんとく) <ドラマ「国を売る人」(ロウ)>
サーシャとともに北極圏を目指す船長ルンドに徳森圭輔<中国アニメ『凹凸世界』(ダニエル)>
この冒険の旅で大きく成長する弟ラルソンに成澤卓 <『おじゃる丸』(コイ)>
LWN_CAST_Gentoku_Tokumori_Narusawa
サーシャの親友ナージャに声優と音楽活動ともに大活躍の石原夏織<「マギ」(アラジン)>、サーシャを陰ながら支える母役に吉田小奈美<『スターオーシャン』(ミリー)、冒険の旅を後押しする港の食堂の女主人役に、ベテラン伊藤香菜子という細部にまでこだわった楽しみな布陣となっています。
LWN_CAST_Kaori_Ishihara
『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』はアヌシー国際アニメフェスティバルやシカゴ国際こども映画祭などで、観客賞を受賞、また米映画批評サイトRottenTomatoesにおいて、面白さの指標であるトマトメーター98%を獲得している作品です。
本作は“大好きな祖父の名誉のために、少女が北極を目指すという冒険物語”で、子供から大人までが楽しめる内容になっています。日本語吹替版の登場で、より多くの皆様にご覧いただければと思います。

吹替版キャスト発表・キャスティング香盤表(813KB PDF)

 

映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』
2019年9月、緊急公開決定!!

アヌシー国際映画祭・観客賞、TAAFグランプリ受賞の『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』、本作の日本公開が世界27ヵ国目にしてようやく実現しました。 黎明期の日本アニメ(動画)に通ずるシンプルな画風の持つ大胆な表現力が魅力の本作は、本年秋、公開が相次ぐ海外アニメ作品の中にあって、まさにダークホースともいえる存在です。

作品資料/視聴用LINK/視聴用DVD等のご依頼はお問い合わせのページよりご連絡ください。

 

2019年4月以前のトピックス >